micute

みのり、ローカル線活性化勉強の旅(前編)。

粟生線サポーターズくらぶから新規会員紹介キャンペーンでプレゼントをいただいちゃいました!
DSC02100
みのりです(`・ω・´)ゞ

今回は4月6~7日に行ってきた、乗り鉄について書こうと思います。
「乗り鉄って、ただの趣味じゃないかよ」って言われそうですが、ローカル線に実際に足を運び乗ったりその路線の取り組みを実際に見ると言うのは、みのりにとってローカル線の活性化について学ぶ大事なお勉強なのです。
というわけで、しばしお付き合いくださいね。
6日は明知鉄道に行ってきました。
DSC01733
明知鉄道は岐阜県を走る第三セクター鉄道です。
かつては国鉄でしたが、第1次特定地方交通線となり、1985年に第三セクターに転換されました。
ローカル線の活性化の一環として、車内で飲食をする列車が全国各地で実施されていますが、明知鉄道は時刻表にも「食堂車」として明記されている、珍しい鉄道なのですよ。
DSC01671
この時は「おばあちゃんのお花見弁当」でした。
DSC01687
「山岡のおばあちゃんの手づくりの店」が、地元の食材を使って持ち寄りの調味料で作る素朴で懐かしいお弁当でした。
DSC01690
ロングシートって旅では嫌われがちですが、テーブルを置くとこんなステキな車内に変わっちゃうんですね。
ちなみに、明知鉄道の食堂車は大正ロマン号に連結して走る車両ですが、養老鉄道の薬膳列車は営業列車の3両編成の1両を貸切車両にして運用されてるんですよ。
そう考えてみたら、神戸電鉄でも取り入れられそうなことだと思いませんか?
粟生線サポーターズくらぶでも提案しましたが、三木市にはのこぎりグルメや葵鶴という地酒もありますし、それらを活かした料理列車なんかを企画出来たらステキだなぁと思うのです。
DSC00048
さて、明知駅に着くと焼きいもが販売されていました。
DSC00059
袋には「駅長さんのやきいも」のプリント入り!
捨てちゃうのが勿体ないです(>_<)
天気も悪かったので、気動車体験運転を横目に見つつ、折り返しの列車で明智駅を後にすることに…。
DSC01702
帰りの列車はセミクロスシートでした。
赤い座席に横開きのカーテン、どこかで見覚えが…と思ったら、
DSC01710
ひたちなか海浜鉄道のミキ300-103と同じ平成10年製富士重工の車両でした。
DSC01706
ちなみに、明知鉄道には勾配日本一の駅「飯沼駅」があるのですよ。
どんな急勾配の路線でも駅は平地に作らなければいけない決まりがあるらしいのですが、飯沼駅は特認で33‰の勾配に作られた駅なのです。
DSC01727
黄色の部分が勾配の関係で嵩上げされた部分です。
軽快気動車はただでさえ急勾配には向かない車両なので、明知鉄道の車両は滑り止めに砂撒き装置を台車に装備しているんですよ。
小さい車体ですごい機能を備えてるって、神戸電鉄と同じですよね。

翌7日は樽見鉄道へ。
樽見鉄道は「三木、だ~い好き!!」のコーナーでも紹介したとおり、三木鉄道の車両が譲渡された先の一つであります。
かつては国鉄でしたが、第1次特定地方交通線に選定され、1984年に第三セクター転換されました。
本巣市のある日本三大桜の一つであり国の天然記念物である「薄墨桜」へ向かう観光客を捌くために薄墨桜の開花シーズンに合わせて春の特別ダイヤ「桜ダイヤ」が毎年実施されています。
みのりは三木鉄道の車両が譲渡されてからは樽見鉄道を応援するために、年に1回桜ダイヤのシーズンに訪問しているのです。
DSC01747
大垣駅で迎えてくれたのは樽見鉄道で一番新しいハイモ330-701でした。
途中、本社のある本巣駅で行き違い。
DSC00103
樽見鉄道は気動車6両を所有しているのですが、桜ダイヤシーズンは全車両がフル稼働されるのです。
右の車両は普段は予備車となっている昭和63年製の車両なのですよ。
目的地に向かうために谷汲口駅で下車します。 DSC01759
ちなみに、大垣~谷汲口は650円。
距離換算すると神戸電鉄で540円の区間が650円もするって、やっぱり第三セクター鉄道は運賃が高いなぁ(ノ_;)
大垣方面に向かう旧三木鉄道車を見送ってから、
DSC01794
名阪近鉄バスが運行している揖斐川町コミュニティバスに乗って目的地へと向かいます。 DSC00111
すみません、今日はここまでで時間切れです(>_<)
続きはまた後日…。

以上、みのりがお送りしました(`・ω・´)ゞ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫県情報へ にほんブログ村

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE

Share on Google Plus

2 Comments

    • たけちゃん
    • 2013年4月23日

    みのりちゃん、こんにちは(^∀^)ノ たけちゃんです
    コメント遅くなってごめんなさい(°□°;)
    そうやね〜、みのりちゃんにとって乗り鉄は勉強やね!(b^ー°) みのりちゃん副業で全国のローカル鉄道をまとめた本を執筆したら写真付きで(≧∇≦)!!先日加古川のイトーヨーカ堂の本屋に行くと、鉄道のコーナーに結構な電車旅の本が陳列されてましたよ〜(^。^;)。みのりちゃんの書き込み見るとローカル線の良さがすごく出てて乗ってみたいなと感じるね(o^∀^o)。実は自分も、みのりちゃんの地元佐賀県の三養基郡に12年前に一人旅で行ったのですが、福岡からの移動の電車の車窓がすごくきれくて感動したよ(=゜-゜)(=。_。)!!!

    • みのり
    • 2013年5月9日

    たけちゃんさん
    いつもコメント有難うございます(*^^*)
    こちらこそご返信が遅くなって申し訳ないです(>_<) みのりの知識はまだまだですよ(^_^; 自費出版で本を出してる方々の方が詳しいくらい(-_-; 最近はちょっとした鉄道旅ブームが来てるみたいですね。 女性向けの雑誌でも特集が組まれてるのをよく見ます。 鉄道を利用して、北播磨のローカル線巡りしてくれる人が増えたらなぁと思います(*^^*) 佐賀県はとてものどかで良い所ですよ。 博多~佐賀間は特急に乗るとあっと言う間ですが、時間がある時には敢えて鈍行で移動することもあります。 一面田んぼの光景も、佐賀平野ならではの光景ですよね(*^^*)

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。