micute

みのり、ローカル線活性化勉強の旅(後編)。

先日、阪神梅田行き特急に乗ったらアンパンマンヘッドマークが付いてました!
DSC02061
みのりです(`・ω・´)ゞ

さて、前回の続きです。
谷汲口駅で下車し、揖斐川町コミュニティバスで向かった先は…
DSC01874
旧名鉄谷汲駅でした。
旧名鉄谷汲線は2001年10月1日に廃線になった路線です。
DSC01869
廃線後、取り壊しや改築がされる駅舎が多い中、谷汲駅はほぼ当時の姿のまま残されています。
また、揖斐線・谷汲線で走っていた車両が静態保存されています。
DSC00209
こちらは510系、末期は揖斐線で活躍していた車両です。
DSC01812
こちらは750系、谷汲線で最後まで活躍していた車両です。
DSC01826
ほんの10年ほど前までこんなレトロな車両が名鉄でも走ってただなんて、驚きですよね。
750系は車内に入ることも出来るんです。
DSC01853
ボランティアの方の手入れが行き届いているおかげで、静態保存にしてはとても良い状態が保たれています。
DSC00213
駅の向こうの途切れたレール。
旧名鉄谷汲線廃止後、お決まりで代替バスが運行されるようになりました。
しかし、運賃の割高さ、乗り換えによる利便性の悪化、本数の少なさにより4年後には代替バスも廃止されました。
バスになれば運賃が安くなると思ってる人も多いとは思いますが、実際はそうでもないのですよ。

バスの到着までまだ時間があったので、バス停一つ分歩いて谷汲山の入り口まで来てみました。
DSC00226
今年は早咲きだったせいで名物である桜並木はほとんど散ってしまっていて残念でした。
ふとバスの時刻表を見ると、樽見鉄道谷汲口駅発のバスだけでなく、養老鉄道揖斐駅発のバスもあったことに気が付きました。
DSC00227
養老鉄道も応援したいから、今度来る時は片道だけでも養老鉄道経由で来てみようかなと思いました。
谷汲口駅までバスに乗り、谷汲口駅からは列車に乗車。
DSC00261
織部駅で途中下車し、旧三木鉄道車のハイモ295-617に乗り換え。
DSC00282
毎年来ているとは言え、今も変わらない姿で走り続けているのを見られるのは三木市民の一人として感慨深いです。
DSC00321
大垣駅に到着し、記念撮影。
また会いに来るね。

大垣駅の改札を出ると、何やらゆるキャラがいました。
樽見鉄道本社のある本巣市のゆるキャラ、「もとまる」だそうです。
DSC01964
せっかくなので、ツーショット撮影させてもらいました。
DSC01978
桜の咲くまち、そして樽見鉄道の走るまちをPRするために頑張ってね。

と、本来ならばここまでなのですが、岐阜駅まで足を運んでみました。
DSC01998
比較的新しい駅前ですよね。
それもそのはず、2003年から再開発された駅前なのです。
DSC01993
かつてここは旧名鉄岐阜市内線の起点でした。
しかし、2003年12月1日に岐阜駅前駅から新岐阜駅前駅までが休止となり、2005年4月1日には美濃町線・揖斐線と共に岐阜市内線は全廃となりました。
今は面影もないですが、つい8年前まで岐阜市に路面電車が走ってただなんて、驚きですよね。
DSC02008
かつて新岐阜駅前駅だった場所。
2005年12月28日に百貨店が閉店した跡地には複合商業施設が建っています。
岐阜市内線は岐阜駅前駅を除き駅(停留所)の安全地帯が設置できず、乗降客は常に車との接触の危険にさらされていたそうです。
また、本来ならば道路交通法で禁止されている軌道敷内の車の通行が許可されていたため、渋滞に巻き込まれて電車が時間通りに到着しなかったり、新岐阜駅前駅で運転が打ち切られることもあったそうです。
そんなことがあり、岐阜市内線は廃線となりました。
ですが、交通量が多く路面電車を廃線にして道路を整備した割には駅前の交通量が少なく、人通りも少ないように思いました。
やっぱり、まちの発展と鉄道の発展は切っても切り離せない関係なのですよ。
なくならないと分からないとは言うけど、なくなってしまってからでは遅いんです。
DSC02030
商店街にあった、案内板。
地図には路面電車の線路が残ってました。
同じ過ちを繰り返さないためにも、一人一人が今からでも出来ることをするのが大事なことだと思うのです。

未だに残る、谷汲線の廃線跡。
樽見鉄道の車内からも見ることが出来ます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
鉄道というのは他の公共交通機関と違い、基本的に線路は鉄道会社の土地です。
そのため、「減らすことが出来ない維持費」があり、他の公共交通機関と比べると非常に不利であり、維持費もかかります。
鉄道が廃線になれば、線路跡を整備して道路にすればいいじゃないかと言う人もいますが、それも簡単にはいかないものなのですよ。
今度はBRT(バス高速輸送システム)についても勉強しようかと思います。

今回のローカル線活性化勉強の旅はこれで終わりです。
また時間がありましたら訪問して紹介しようと思いますので、その時はご覧くださいね。

以上、みのりがお送りしました(`・ω・´)ゞ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫県情報へ にほんブログ村

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE

Share on Google Plus

2 Comments

    • たけちゃん
    • 2013年4月25日

    みのりちゃん、毎度です!!
    最近、コメントが自分ばかりの貸切状態にビックリしているたけちゃんです。
     昨日は、尼崎の脱線事故からちょうど8年の日でしたね。100人超の乗客が犠牲になって、鉄道ファンでもあの痛ましい事故は忘れられない日です。
     さて本題に入って、みのりちゃん阪神梅田直通特急乗りましたね。ありがとうございます。
    自分は山陽電車の浜の宮駅の近くに住んでるので1番目の写真の電車は良く見ます。正確に言えば、山陽電鉄所有の直通特急ですね。浜の宮駅は普通とS特急しか止まらないので、直通特急は通過ですね(T_T)!!
     名鉄の方へ行って、駅舎が残されてるのはすごいですよね。きっと地元の強い要望があったのでしょうね!レトロな電車気持ちのいいものです。1日限りでもいいから運転して欲しいな(^0^)!!
     キャラクターのもとまるかわいいすぎる!!!
     又行ってみようという感じになりますね!! 

    • みのり
    • 2013年5月9日

    たけちゃんさん
    いつもコメントありがとうございます。
    いえいえ、いつもたけちゃんさんのコメントを楽しみにしているので、是非ともこれからもコメントをお寄せくださいね(*^^*)
    尼崎の脱線事故は当時昼休みにテレビで生中継を見ていたので、とてもよく覚えてます。
    安心・安全・快適を提供する鉄道において、あってはならない事故です。
    これからも安全に努めてもらいたいものです。
    さて、阪神梅田直通特急に付いてたアンパンマンHMですが、山陽車両限定で阪神車両には付いてないんですよね(>_< ) 最近、阪神梅田行きに乗っても阪神車両にばっかり遭遇して、山陽車両にはあまり遭遇しないみのりです(ノ_;) 阪神車両ってロングシート車がほとんどだから、ちょっと外れた気分になっちゃうんですよね(>_<) そうそう、実はみのり、「直通特急」と「特急」の違いが去年まで分かりませんでした! あ、でも今は分かりますよ( ̄▽ ̄) 名鉄のローカル線というのは赤字路線であっても地元住民の方々は根強く廃止反対していたそうです。 そりゃ、代替バスと鉄道では利便性が違いますからね…。 展示運転して欲しいけど、架線も運転台も撤去されちゃってるから無理なんだろうなぁ(;_;) ちなみに、もとまるはグッズを売ってたので、思わず買っちゃいました! もっと色んなイベントに出没してほしいなぁと思いました。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。