micute

みのりが行く!秋田ローカル線巡りの旅。

パブリックビューイングの興奮が冷めやらぬ今日この頃。
みのりです(`・ω・´)ゞ

1月31日はみとちゃん、
DSC00907
1月28日はみのりと神戸電鉄粟生線三木駅の誕生日でした!
今年もみきゅーとでは特に何もなかったけど、みきゅーとメンバーやファンの方に祝ってもらえました(*^^*)
DSC5581
ありがとうございました(>ω<)
1月31日はミーティングはお休みして、職場の懇親会で末広にある和牛と一夜干し専門店「三日月」に行きました。
DSC05569
一夜干しされるとどの食材も味が凝縮されて美味しかったぁ(>ω<)
和牛の焼肉も絶品でした(*^^*)
あと、あやぱんがツイッターで紹介してた「一心堂」の三木合戦、みのりも購入してきました!
一心堂さんですとこの時期はあんもちと生ちょこ餅もオススメです(*^^*)
粟生線サポーターズくらぶ加盟店なので、500円以上お買いあげで会員証を提示すると157円以下の和菓子を1つサービスしてもらえちゃいます(>ω<)
DSC05580
生ちょこ餅は3月中までの期間限定なので、気になる方はお早めに☆

今月はBS日テレ「ケンイチ」の取材があったり、オリンピックノパブリックビューイングがあったり、道の駅みきの週末駅長をしたりと色々と充実してたなぁ(*^^*)
1015397
でもその前に、前回予告してたことを先に書きますね。

1月24日の寝台特急「あけぼの」に乗って、秋田県に行ってきました。
年始の近鉄内部・八王子線訪問はJR四日市駅まで18きっぷだったので、随分とグレードアップしましたよ!
140105-164411
でも実はこの旅には色々ありまして、事前にアポを取って会うつもりだった由利高原鉄道の春田社長が数日前に入院してしまいお会いできないことになり、尚且つ一緒に行くはずだった相棒が当日39度の高熱を出してしまい行けないことに(*_*)
当初は秋田と青森を巡る予定だったのですが、一人で行ったことのない場所に行くのは不安だからと秋田だけにすることにしました。
上野駅で「あけぼの」の入線を待っていると前回も載せた画像の通り既に黒山の人だかり。
そしていよいよ推進運転で入線してくると、一斉にシャッターを切る人たち!
DSC05390
本当は先頭車のヘッドマークも撮りたかったのですが、後部でこの人だかりなので諦めました(*_*)
照れながら記念撮影をする人、携帯ゲーム機で一生懸命写真を撮るちびっこ。
でもこの光景が毎日見られるのも3月で終わり。
DSC05398
入線は聞いてた時間よりも遅かったですが、発車は定刻通り21時16分。
13番線発車メロディー「あゝ上野駅」が流れると、たくさんの人たちに見送られながら発車しました。
発車して間もなくは外の景色を眺めていた人たちも時間が経つにつれて就寝準備をし、23時頃には静まり返ってました。
DSC05412
下車する予定の時間の20分前に車掌さんが起こしに来てくださり、朝が苦手な私も寝坊せずに定刻通り6時1分に羽後本荘駅に到着して下車。
少しずつ空が明るくなってくる中、少しだけ撮影をして朝食を取るために一旦駅の外へ。
DSC05418
再び駅に戻ってきてから由利高原鉄道に乗車しました。
DSC05436
この車両はYR-2000形の宝くじ号。
凝った照明がオシャレな内装でした(>ω<)
ロングシートに木目調のテーブルも寛げて良い感じ(*^^*)
寛ぎ過ぎてて前郷駅でのタブレット交換を撮りそびれちゃったくらい(^^;
DSC05444
矢島駅に着くと、萌えキャラのやしまこころちゃんのパネルがお出迎え。
少し外を散策しようかと思ったけど、寒かったのですぐに駅舎に引き返しました(>_<)
広い駅舎の中は暖房がきいていて過ごしやすかったです。
マンガコーナーもあるので、退屈もしませんね(*^^*)
名物のまつ子さんに会いたかったのですが、まだ出勤されておらず…
と思ってたら、矢島駅を出発する10分前にまつ子さんご出勤!
手早く売店開店準備をされ、「どこから来たの?まあ、桜茶でも飲んでいきなされ」と次はお茶を入れてくださるまつ子さん。
なんでもね、みのりみたいに遠くから来てすぐに帰る人はここでは結構いらっしゃるそうです。
以前、信楽高原鐡道の信楽駅で同じこと言ったら比較的近い割にドン引きされたのになぁ(^^;
発車時刻になり、ホームで全力でお見送りしてくださるまつ子さん。
短時間ですがみのりの中では強烈な思い出となりました。
DSC05458
ちなみに、帰りに乗った列車は「まごころ列車」と言って、一日一往復おばこ姿のアテンダントさんが乗務する列車です。
沿線や車窓の紹介や、乗り降りのお手伝い、乗車記念の配布や車内販売などをしてくださるのです。
みのりが行った時は見えなかったのですが、天気が良ければ鳥海山が見えることを写真を見せながら教えてくださいました!
この日のまごころ列車はYR-3000形と言う由利高原鉄道の中では最新の車両で、セミクロスシートにはテーブルが据え付けられてるんですよ(*^^*)
シートの柄もごてまり柄でオシャレ(>ω<)
羽後本荘駅に着くとアテンダントの☆池☆さんのお写真を撮らせてもらい、名残惜しくも由利高原鉄道を後にしました。
ちなみに、みのりの訪問は『由利高原鉄道アテンダントブログ』でも紹介されました!
太田さん、まつ子さん、☆池☆さん、本当にありがとうございました!!
DSC05594
余談ですが、みのりが由利高原鉄道で買ったものはこちら。
可愛い花柄で折られた人形はまつ子さんから、栞は車内でアテンダントさんからいただいたものです。
こういうまた来たくなるような「おもてなし」ってステキですよね(*^^*)
さて、みのりの旅はまだ続きます。
在来線と新幹線を乗り継いで、次の目的地へ。
在来線も新幹線も兵庫県にある川崎重工で作られた車両だったよ(*^^*)
こういうところで兵庫県を感じられるのは何だか嬉しいなぁ(>ω<)
DSC05477
新幹線は新型のE6系!
見た目はナマハゲ、内装はあきたこまちをイメージしてある列車でステキでした(*^^*)
角館駅で下車して、次の目的地・秋田内陸縦貫鉄道へ。
DSC05488
英語だけじゃなくて、韓国語や中国語での案内が多いなぁと思ったら、韓国ドラマで登場した場所なのですね!
列車本数は…少ないとは聞いてたけど一日10本!(*_*)
待ち時間は長かったですが、ストーブの付いた待合室で温かく過ごせました。
耐久年数の短い軽快気動車なのに昭和63年製の車両に揺られて、いざ目的地へ。
DSC05500
途中、テレビ取材が始まったりしてビックリしました(*_*)
景観の良い所で徐行運転もしてましたが、高所恐怖症の人からしたらたまったものじゃないだろうなぁ( ̄▽ ̄;
テレビ取材をずっと見ていたい気持ちはありましたが、NPO活動をされている方と会うために比立内駅で下車しました。
比立内駅で行き違う列車を見送ってからそれとなく落ち合い、NPOの活動拠点である駅舎でゆっくりお話しをさせてもらいました。
実はねみのり、ここ数か月落ち込んでたんです。
自分の考えは間違ってるのかなって。
でもローカル線に乗ったり、それを支える人たちとお話しして、やっぱり自分はローカル線が好きで、それが守りたくて、そのために頑張りたいんだって再認識できて。
三木を出発する時は気分が落ち込み過ぎててどんよりしてた表情も、帰る時にはこの顔に。
img75
NPOの活動は『ひたちない通信』でも拝見することが出来ます。
大穂さん、植村さん、本当にありがとうございました!
その日は新幹線で東京まで戻って宿泊。
翌日は「ローカル鉄道・地域づくり大学」のサマースクールで出会ったおかもとてつこさんの写真展に行きました。
てつこさんは『ぐんまちゃんと鉄道の旅』の執筆もされたんですよ(*^^*)
DSC05533
本や写真を通じて、自分の好きな鉄道の魅力を伝えるってステキなことだなぁ(>ω<)
帰りはてつこさん代理のぬいぐるみたちがお見送りしてくれました。

この2日間で分かったこと。
やっぱりみのりはローカル線が好きで粟生線が大好き。
スピードは早くないかもしれないけど、その分車窓を眺めながらゆっくり考え事をしながら過ごせて、その時間が自分にとってはかけがえのない大事な時間だってこと。
全国には元気なローカル線もあるけど、中には廃線に直面しているローカル線もある。
元気なローカル線には元気を分けてもらって、元気のないローカル線には元気を分けてあげたい。
そして粟生線のことを一人でも多くの人に知ってもらって、全国に粟生線の魅力を発信したい。
誰にでも出来ることじゃなくて、みのりにしか出来ないことをしたい。
応援してくださってる方々の声を無駄にはしたくない。
2日間、病院のベッドからみのりの行動を見守り、常にアドバイスをくださった由利高原鉄道の春田社長、本当にありがとうございました!!

ちなみに、角館駅にお願い事を書くコーナーがあったからみのりもお願い事を書いたんだよ(*^^*)
minna
みのりのお願い事は「全国のローカル線がみんな元気になりますように!」

以上、みのりがお送りしました(`・ω・´)ゞ

みのりの個人活動サイト

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE

Share on Google Plus