micute

みのりと桜咲く神鉄粟生線の旅。

先週末は久しぶりの完全オフだったので乗り鉄してきました!
DSC00321
みのりです(`・ω・´)ゞ

その模様はまた次回書くとしまして、4月4日に参加した神鉄観光の「三条杜夫さんと行く桜咲く神鉄粟生線の旅ツアー」について書きますね。
お仕事は有給をいただきまして、プライベートで参加してきました。
三木城本丸遺跡や平井山の上付城跡についてはお勉強しましたが、湯の山街道についてはあまり知らなかったので、お勉強させてもらうつもりで参加しました。
決して鈴蘭台車庫での車庫見学目当てで参加したわけじゃないんだからね(>_<)
新開地駅で集合だったのですが、長田駅で一旦下車して少しだけ撮影。
DSC01329
寝坊したせいでちゃんと撮る時間がなかったのが残念でした(ノ_;)
新開地駅で集合し、営業列車で鈴蘭台駅へ!
130404-091210
鈴蘭台駅からツアー客のためだけの特別列車に乗り込み
DSC01347
一路、鈴蘭台車庫へ!
DSC01360
重要部検査に入っていたHAPPY TRAIN☆が試運転で出庫していくのが見えました!
HAPPY TRAIN☆なだけにとってもハッピーな気持ちになりました(*^^*)
車庫に着くとヘルメットを着用し、注意事項の説明を受けてから車庫内へ!
DSC01365
トレフェスでは何度も入ったことがありますが、普通にお仕事がされている車庫に入るのは初めてでとても興奮しました。
車両に関する説明も色々してもらいましたよ。
DSC01370
この車輪は手前のが付随車(T車)、奥のが電動車(M車)のものらしいです。
一応、車輪の厚みが何cmになるまで使っても良いという決まりはあるらしいのですが、ギリギリまで使うと脱線しては大変なので、早めに交換するらしいです。
また、神鉄は急勾配急カーブの連なる路線のため、他の鉄道ならば8年持つところが4年しか持たないんだそうです。
でもこれも安全に対する姿勢の表れですよね。
神鉄社歌にある「果たす使命は安全輸送」のフレーズを思い出しました(*^^*)
DSC01377
運転台にも入らせてもらいました!
入らせてもらっただけでなく、運転席に座らせてもらってレバーまで動かさせてもらいました!!
運転台に入らせてもらった5000系は比較的運転席が広いんだそうで、1000系の頃は少しでも多くの乗客を乗せるために運転席が狭く作られてたんだそうです。
今度はそっちの運転席にも座ってみたいなぁ(>_<)
みんなでかわりばんこで運転台に入っていたので、待ち時間は社員の方と雑談してました。
暖房の季節も終わって次は冷房の季節となりますが、冷房で一番お馬鹿さんなのは3000系だそうですよ。
DSC01381
お仕事されている中を通りつつ、次は洗車体験へ!
DSC01395
トレフェスではファミリーに大人気の洗車体験をツアー客だけで独り占めですの(*^^*)
洗車体験が終わった後、鈴蘭台駅へ戻る待ち時間の間、普段は絶対に撮らせてもらえない写真を撮らせてもらいました。
DSC01421
ガラスの反射が写り込みまくりでPLフィルターを忘れたことを後悔しました(ノ_;)
特別列車で鈴蘭台駅に戻った後は社員さんに見送られて営業列車に乗車し、恵比須駅へ!
DSC01452
三条さんの案内で湯の山街道へ向かいます。
あ、聞かれたのに知らなくてちゃんとお答えできなかったことがあるので、ここで補足させてもらいます。
三木市コミュニティバスみっきぃバスはよかたんバスを除き大人150円、小人80円です。
また、身体障がい者手帳の所持者及び介護人は80円だそうです。
以上、みのりの豆知識でした。
さてさて、話は戻って湯の山街道。
恵比須と言えば、戎神社ですよね。
DSC01455
戎神社ならあやぱんの方が断然詳しいと思うのですが、簡単に説明を。
戎さまというのは実は2人いらっしゃるそうなのですが、恵比須の戎神社はなんと2人とも祀られている珍しい神社なんだそうです。
つまり、それだけご利益がある!
今回は時間の都合で鳥居の外から拝んだだけでしたが、またゆっくり行きたいなぁと思いました(*^^*)
DSC01461
湯の山街道はこんな古い町並みが残ってるのも風情があって良いですよね。
DSC01464
予定になかったのに、こんなステキなところがあったので立ち寄っちゃいました。
「ギャラリー湯の山みち」です。
染め形紙と紺染め古布・古そろばんの展示やモロッコ化石&サハラ石器展の他に、この時は八重の桜に関係する展示も行われていました。
DSC01487
皆さんが湯の山街道に関する説明を受けている間、みのりはこっちの銘板が気になってたのでした。
DSC01467
「ギャラリー湯の山みち」を出た後は葵鶴でおなじみの稲見酒造さんで日本酒の試飲をさせてもらいました。
DSC01503
稲見酒造さんは通にはたまらない古酒も扱ってるんですよ。
紹興酒のような味わいでクセがありますが、我こそは日本酒好きだという方は是非飲んでみて下さいね(*^^*)
お昼ご飯はながさわさんでした。
三木店は酒蔵を改装した店舗で、後ろから見るとほとんど原型を留めているってみなさん知ってましたか?
DSC01513
格安ツアーにも関わらず、品数も多くてとても満足のいくお食事でした。
DSC01516
ながさわさんですから、味はもちろん折り紙つきですよ(*^^*)
お食事の後は美嚢川河川敷に移動し、桜見物。
DSC01538
なんとか間に合って、列車の写真も撮ることが出来ました。
DSC01569
丁度満開だったせいか平日なのにも関わらず人がたくさんいて、みなさんとても楽しそうでした。
ツアーはここまでだったのですが、三条さん提案によるオプショナルツアーで三寿ヾ刃物さんへ。
DSC01572
今は一般的となっているステンレス正鋼割込包丁ですが、日本で最初に考案したのは三寿ヾ刃物の創業者の方なんだそうです。
金物まつりでは包丁を購入すれば名入れをしてもらえることは有名ですが、三寿ヾ刃物さんでは一年中してもらえるんですよ!(もちろん有料ではありますが)
刃物は「魔を追い払い、幸を招く」とされ、テープカットやウエディングナイフなどでも使用される縁起ものですから、贈り物や記念品に手彫りで名入れされたオリジナル包丁なんていかがですか?
この日もツアー客の方が包丁を購入して、名入れしてもらってました(*^^*)
DSC01581
良い包丁は一生モノですからね。
定休日にも関わらず、お店を開けて下さった三寿ヾ刃物さんありがとうございましたm(_ _)m その後は電車まで時間があったので、三木城跡をぶらぶら。
DSC01588
美嚢川橋梁が特殊な線形をしていることは有名ですが、実はこの橋梁は現代の法律では認可が下りない特殊な橋梁だってご存知でしたか?
神戸電鉄自体、急勾配を走る路線ということもあり当時は特認を受けて作られた路線ですし、粟生線は特殊尽くめな路線なんですよね。
現代の法律では絶対に新設できない特殊な路線、地域の宝物ですね(*^^*)
三木城跡をぶらぶらした後は万寿庵さんでジェラートを食べて、電車に乗ってお別れしました。 とても和気藹々していて、楽しいツアーでした。

「イイネ!」と思った方は是非ともこのページを紹介してくださいね。
また要望があれば、このようなツアーを企画してもらえるかもしれませんから。
プライベートではありましたが、とても楽しいツアーに参加させてもらいまして、本当にありがとうございましたm(_ _)m

以上、みのりがお送りしました(`・ω・´)ゞ

みのりの個人ブログ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 兵庫県情報へ にほんブログ村

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE

Share on Google Plus

2 Comments

    • たけちゃん
    • 2013年4月10日

    みのりさん毎度!(b^ー°)たけちゃんです。
    乗り鉄してきたの!!いやぁ自分も行きたかったですね〜…みのりさんにとっていい経験ですよ〜!!楽しんで良かったですね〜!!
    ながさわで食事ありがとうございます(o^∀^o)!!おいしかったですか(・◇・)?
    次回もよろしくお願いします!!
    道の駅で駅長してたらいつでもOKやね(≧∇≦)!!
    みのりさんその後、体調不良は治りましたか?本当に無理のない程度にね(゜∀゜;ノ)ノ
    遅いので自分もこの辺で失礼します!!
    ではでは

    • みのり
    • 2013年4月24日

    たけちゃんさん
    コメント有難うございます。
    乗り鉄の件、やっとまとめ終わりました。
    宜しければご覧くださいね。
    ツアーでのながさわさんでの食事、とても美味しかったですよ。
    格安ツアーということもあり、ショボイ食事が出てきたらどうしようかと三条さんも心配してましたが、とても豪華なお食事にツアー参加者のみなさんも満足してましたし、三条さんもながさわさんの努力に感謝してました。
    W炭水化物は炭水化物好きのみのりにはたまらなかったです。
    素晴らしいお食事を提供して下さり、本当にありがとうございました。
    体調の方はもう大丈夫ですよ。
    1日ゆっくりしていれば回復する単純なことなので☆
    まだまだ寒暖の差が激しい日が続きますので、たけちゃんさんも体調にはお気を付けくださいね。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。