micute

みのりのプライベート乗り鉄。

正月休みの間についてしまったお肉が落ちません!
みのりです(`;ω;´)ゞ

今日は先日のプライベート乗り鉄について書こうと思います。
べ、別にネタ切れしたわけじゃないんだからね(><;)
後で書くために温存してるだけなんだから!

18日はミーティングはお休みとのことで夜行移動が可能になったので、久しぶりに寝台特急「サンライズ出雲」で東京入りすることにしました。

と言っても、一番安いのびのび座席ですけどね。
カーペットの床に薄い毛布と枕カバーだけという簡素な寝床ですが、特急料金プラス指定席料金で寝台列車の旅情が味わえるのはお得ですよね。

東京に着いて、身支度をして相棒と合流してからは鶴見線で乗り鉄。

兵庫県の人には和田岬線みたいなところって言えば分かり易いかな?
工業地帯に向かって伸びてる路線なので土休日は本数が少ないのですが、相棒と同じく貨物目当ての人や乗り鉄してる人がたくさんいました。

末端の扇町駅は猫のいる駅としても有名なんですよ。

帰り際、三毛猫ちゃんがお見送りしてくれました(*^^*)

また、この日は偶然にもEast i-Eにも遭遇しました!
鉄ではない人に分かり易く言うと、新幹線でいうところのドクターイエローみたいな車両って言えばいいかな?(詳しく言うと性能差はあるのですが)

横浜市内でありながら、木造のレトロな駅舎が残ってる駅があったり、「僕達急行 A列車で行こう」にも登場した日本一海に近い海芝浦駅があったり、見どころがたくさんありますよ。
たまには休日に乗り鉄なんてどうですか?

乗り鉄の後は水樹奈々さんのライブへ!

2年ぶりのオーケストラライブ、とても良かったです。
一人で20曲を歌いこなす奈々ちゃんはパワフルだなぁといつも思います。

翌日はひたちなか海浜鉄道へ!
勝田駅で、おらが湊鐵道応援団の船越さんと少しですがお会いすることが出来ました。

写真も撮ってもらいましたよ(*^^*)

応援券付き1日フリー切符を買って、船越さんと別れた後はミキ300に乗車して湊線初乗車の相棒のために一旦阿字ヶ浦まで行き、折り返して那珂湊へ。
那珂湊駅に着くと、応援団の方がホームのお花の手入れをしてました。
待合室で乗車証明書と時刻表を配布していた応援団の伊藤さんに印籠のイラストの入った乗車証明書をもらってから、しばしお話し。

ひたちなか海浜鉄道沿線では乗車証明書を提示するとサービスが受けられるお店が多数あるんですよ。
黄緑色の紙がサービスを受けられるお店の一覧です(ちなみに両面印刷)。
地域の方々が乗客をもてなしてくれるまちって、とてもステキですね(*^^*)
他にもまち歩きマップなども配布しているので、下調べなしで訪れても楽しめます。
店を予約していたので、重い荷物を駅に預けてお店へ。
あ、那珂湊駅では1つ200円で荷物を預かってくれるサービスがあるのです。
お店は喰い道楽「すみよし」さん!

実は今回湊線を訪れたのはこれが目的なのでした。
通常のあんこう鍋は肝を溶かしたみそベースが主らしいのですが、すみよしさんは醤油ベースなのが特徴とのこと。
確かにあっさりとしてるけど、あんこうそのものの味もしっかりとしていて美味しかったです(*^^*)
あんこう鍋だけでなく、那珂湊焼きそばでも有名なようなので、昼食時には混雑します(>_<)
来店の際には予約されることをオススメします。
ちなみに、すみよしさんも乗車証明書サービス店でワンドリンクサービスしてもらえます。
でも日本酒を注文したのでソフトドリンクはオーダーしなかったら、会計の時にこんな詰め合わせをもらいました。

ステキなおもてなし、ありがとうございました!
駅に戻ってからは、伊藤さんの案内でキハ200とケハへ。
敷地内にあるので普段は立ち入り禁止なのですが、休日には応援団の方の立会いの下で見学することができるのですよ。

静態保存ではありますが、電気は通っているので車内アナウンスと前照灯の点灯はすることが出来ます。
現在は寄贈されたHOゲージのレイアウトを車内で制作中とのこと。

ケハは日本初のステンレス車で錆びにくい車体を活用して車内がギャラリーになっています。
展示物全てを堪能したいのであれば3時間は必要かも?

車内で見つけたポスター。
茨城交通がひたちなか市に廃線の意向を示したのが2005年12月。
第三セクター方式での存続が決まったのが2007年9月。
そう昔の出来事でもないんですよね。
再び駅に戻り、また吉田社長ともお話ししました(*^^*)

あ、そうそう、ひたちなか海浜鉄道では毎年この時期になると合格ヘッドマークを付けた列車が走ります。
「合」「格」と並んでるのを見ると、良いことがあるかも?
次の日お仕事だったので、名残惜しくも湊線をあとにすることに(>_<)
その前にグッズを購入。

グッズを販売しているローカル線ではなるべくグッズを購入するのがみのりのモットーなのです。
相棒も近くのほしいも専門店でいもジェラートと大量のほしいもを購入してました。
茨城県産のお芋はとても甘くて美味しいんですよ(*^^*)

ひたちなか商工会議所プロデュースの「ほっしい~も」と「イチゴだっぺ」も宜しくです。

いつも温かいおもてなし、ありがとうございます。
湊線での取り組みを、みのりなりに粟生線の活性化に生かしていこうと思います。

さてみなさん、みっきぃふれあいマラソンのお申込みはお済みになりましたか?

申し込み締め切りは1月31日木曜日です。
まだの方は是非ともお申し込みくださいね!
ちなみに、今年のゲストランナーは森脇健児さんです。

今日、お出かけするために粟生線に乗ったら、吊り広告に照れたみのりなのでした…。
そのことについてはまた後日。

☆みのりの神戸電鉄豆知識・粟生線の歴史その3☆
粟生線の開通により、神戸市西区・三木市・小野市はめまぐるしく発展し、人口が増加しました。
しかし西鈴蘭台駅以西は30分に1本だったため、1991年には三木駅まで15分に1本に、2003年には小野駅まで15分に1本になり、利便性が向上しました。
また、志染駅以西は設備上3両編成までしか乗り入れできなかったため、ラッシュ時には志染駅で増解結していたのを改善するための改良工事が行われ、2001年には4両編成の直通運転が開始されました。
志染駅以西で3000系や5000系が見られるようになったのは、粟生線の歴史においては最近の話なんですよね。

以上、みのりがお送りしました(`・ω・´)ゞ

みのりの個人ブログ

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE

Share on Google Plus

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。