micute

2013年2月23日(土)粟生線サポーターズクラブの集い

 

 

2013年2月23日(土)粟生線サポーターズクラブの集い

 

「存続が危ぶまれている粟生線を残していくためにも、私達一人一人ができることは何か?」

 

DSC_4077

 

 

この集いでは、ただ一方的に説明を受けるだけでなく、参加者が自由に意見交換を発表することができ、様々な視点から粟生線の問題について考えるきっかけを与えていただきました!

 

参加させていただいて切に思うことは

「なくすのは簡単だけど、一度失ってしまったものは二度と取り戻せない・・・」ということ。

 

粟生線だけの問題に関わらず、これからの三木市・日本の未来を考えるならやはり、

単に利便性や生産性だけを追求するのではなく、もっと視野を広げて価値を判断していくことが大切なんだな(^^)/

 

 

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on GREE